読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リピーターのためのニューヨークガイド

いつかKindleで本にしたい

ホイットニー美術館で夜景を眺める

f:id:tatolog:20170206183455j:image

ホイットニー美術館のあるミートパッキングディストリクトというエリアは、もとを辿れば空きとなっていた倉庫街をお金のないアーティスト達が活動拠点とし使っていました。それがチェルシーマーケットの開業を機に旅行者も足を向けるようなおしゃれエリアに成長し、ハイラインの開通によってニューヨークでも指折りの人気のエリアへと成長しました。

ホイットニー美術館がアッパーイーストサイドからこのエリアに移ってきたのは2015年。そして新しくなった建物はマンハッタンの先っぽということもあり、建物の各階に設けられたテラスからのマンハッタンの眺めが楽しめるのです。

夜の景色は写真のとおり。右に見えるのはエンパイアの先っぽ。左にみえるのはハイラインを跨ぐように建つ「ザ スタンダードホテルニューヨーク」。テラスは5階、4階、3階に設けられていて各階から違った眺めを楽しむことができます。

昼間に訪れるのであれば、ホイットニー美術館とは反対側の34stからハイラインに入り、散歩してこの美術館にたどり着くのも良いかも。

もちろん美術館なのでメインの楽しみは数々の収蔵品。ミッドタウンにあるMoMAと並んで現代美術好きな人には外せないポイントになるはずです。

ちなみに金曜日の夜は入場料が任意、自分の支払いたい額だけ支払って入るという寄付制になっています。多少の混雑や待ち時間は我慢できる!という人はこのチャンスを活かすのも良いかもしれませんね。

 

ホイットニー美術館
地下鉄14 Street Stationから徒歩10分
99 Gansevoort St, New York, NY 10014|グーグルマップでひらく