読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リピーターのためのニューヨークガイド

いつかKindleで本にしたい

メトロポリタン美術館(MET)の日本美術コーナー

f:id:tatolog:20161030142646j:plain

メトロポリタンミュージアム(MET)の日本美術コーナーはけっこうおすすめ。

METの良いところは、展示品があってそれを展示するためのスペースがある。展示品に最適化されたスペースが素敵だと思う。

で、この日本美術のコーナーはMETの中でもかなり奥まったエリアにあるのだけれど、その分人混みは少なく。贅沢にスペースをとっていることもあって禅の精神に浸ることができる。

日本からニューヨークに来て禅の精神に浸らなくてもいいじゃんって思うかも知れないけれど、外から見ることでの気づきってのもあるんじゃないかと思う。

 

ホイットニー美術館で夜景を眺める

f:id:tatolog:20170206183455j:image

ホイットニー美術館のあるミートパッキングディストリクトというエリアは、もとを辿れば空きとなっていた倉庫街をお金のないアーティスト達が活動拠点とし使っていました。それがチェルシーマーケットの開業を機に旅行者も足を向けるようなおしゃれエリアに成長し、ハイラインの開通によってニューヨークでも指折りの人気のエリアへと成長しました。

ホイットニー美術館がアッパーイーストサイドからこのエリアに移ってきたのは2015年。そして新しくなった建物はマンハッタンの先っぽということもあり、建物の各階に設けられたテラスからのマンハッタンの眺めが楽しめるのです。

夜の景色は写真のとおり。右に見えるのはエンパイアの先っぽ。左にみえるのはハイラインを跨ぐように建つ「ザ スタンダードホテルニューヨーク」。テラスは5階、4階、3階に設けられていて各階から違った眺めを楽しむことができます。

昼間に訪れるのであれば、ホイットニー美術館とは反対側の34stからハイラインに入り、散歩してこの美術館にたどり着くのも良いかも。

もちろん美術館なのでメインの楽しみは数々の収蔵品。ミッドタウンにあるMoMAと並んで現代美術好きな人には外せないポイントになるはずです。

ちなみに金曜日の夜は入場料が任意、自分の支払いたい額だけ支払って入るという寄付制になっています。多少の混雑や待ち時間は我慢できる!という人はこのチャンスを活かすのも良いかもしれませんね。

 

ホイットニー美術館
地下鉄14 Street Stationから徒歩10分
99 Gansevoort St, New York, NY 10014|グーグルマップでひらく

ビロードのカーテンの奥でハンバーガーを食べる

f:id:tatolog:20170206183546j:image

道を歩けばバーガーショップに当たるといっても過言ではないほどニューヨークにはハンバーガー店が溢れている。そんな中で一番のお気に入りはセントラルパーク近くにある「バーガージョイント」。

このハンバーガーショップの一番のポイントは立地。セントラルパーク近くのパーカーメリディアンというフランス系高級ホテルの中にあります。おしゃれなフレンチホテルの真っ白なロビーの一角に真っ赤なビロードのカーテンで隠されているお店、それが「バーガージョイント」。
ハンバーガーのネオンサインの下のカーテンを抜けると突然アメリカンなハンバーガーコーナーが。
肝心のお味はというと、今をときめくシェイクシャックに比べると色々と雑。だけどそこがいい 笑。
チーズバーガー1つで6.5ドル。ポテトと飲み物を一緒に頼むとだいたい10ドル。
チーズバーガーを食べていると、隣りに座っていた素敵な帽子を被ったジェンツがポテト食べきれないからどうぞと言ってすすめてくれた。人種も旅行者も意に返さないボーダレスな感覚がニューヨークらしくていいよなぁ。

 

バーガージョイント(パーカーメリディアンホテル内)
Burger Joint at Le Parker Meridien Hotel
地下鉄57th Street Stationから徒歩2分
119 W 56th St, New York City, NY 10019-4000|グーグルマップでひらく

メトロポリタン美術館で人間観察

f:id:tatolog:20170121002142j:image

平日の昼間にメトロポリタン美術館を訪れると、ここを自分の居場所にしている人たちに出会うことができる。
展示物そっちのけでおしゃべりしているおばあちゃん、座り心地の良さそうなベンチで本を読んでいる人、考え事をしているのか難しい顔をしている人、模写をしている人。
館内を回りながらぼんやりと周囲の人を見ていると、この場所を訪れる人達を含めて「メトロポリタン美術館」という場所が形成されているんだなぁ、なんて思えてくる。
広くて多様な収蔵品があって様々な目的の人が訪れるメトロポリタン美術館だからこそ、そこに集まる人にフォーカスしてみるのも面白いかもしれない。

 

メトロポリタン美術館

The Metropolitan Museum of Art
地下鉄86th Street Station駅から徒歩7分
1000 5th Ave, New York, NY 10028|グーグルマップでひらく

 

グラセン(Grand Central Station)

f:id:tatolog:20161122084300j:image

 グランドセントラル駅は朝も昼も夜も同じような色味。撮影するといつもこの写真のような薄いゴールドっぽい雰囲気。大きな明かり取りになっている窓があるので夜になればゴールドはやや暗くなるけれども。

ちなみに「グラセン」という呼び名、現地で駐在している日本人の方との会話の中でも出てきて自分だけではないのだなぁとなんだか得意気になってしまった。

ウォール街のマネーモンスター

f:id:tatolog:20161129134916j:image

映画「マネーモンスター」を見た。

アルゴリズムで取引をするというテクノロジーとウォール街を組み合わせた映画なんだけれど、なんといっても1番の魅力はジョージ・クルーニージュリア・ロバーツが出ていること。

お話の内容はウォール街の証券取引のことも、アルゴリズムのテクノロジーのこともあまり深掘りすることはなく、お気軽なデータムービーという感じ。魅力はやはり華のある役者でしょう。

最大の見せ場はウォール街のど真ん中(セットかな?別の場所のロケかな?)をクルーニーが野次馬を従えて練り歩く場面。ニューヨーク好きとしてはこれだけでワクワクしてしまう。

 

ニューヨークを訪れるたびにウォール街は必ず足を運ぶ場所のひとつ。特段、中に入れるビルもないけれど、この場所にくるだけで、世界金融の中心という独特の空気感を味わうことができる。ランチどきにカフェに入って人間観察をするのも楽しかった。なんとカフェには、株価の値動きを表示する電光掲示板がありました。

映画には上の写真のアングルとほぼ同じ角度のショットも出てきました。

五番街

f:id:tatolog:20161114223250j:image

碁盤の目になっているニューヨークの通りはカーブが少ないので見通しがいい。中でも五番街は車道も歩道も道幅が広い。通りの店は世界一のウインドウショッピングができるし。そして至る所に星条旗

歩いているだけで高揚する五番街。